若くなるアンチエイジング方法調査!

トップページ > 医療機関で、フォトフェイシャルと、シミとりのレーザー治療

医療機関で、フォトフェイシャルと、シミとりのレーザー治療

40代・女性

私は、アンチエイジングにお肌は、どこのデパートの化粧品売り場の肌診断をしてもらっても、キメが、細かくて、きれいな状態なので、お勧めするものがありませんとまで言われてきました。ところが、ある日シミを、発見したのです。やられたと思いました。それで、まず化粧品で、美白セットをライン買いして、美白に集中していました。でも、顔が、明るくなった程度で、シミには効きません。それで、近所で評判の女医さんの下で、フォトフェイシャルをやりました。もう値段は忘れましたが、1万円以上1回につきかかっていたと思います。めちゃくちゃこれが痛くて、それを3ヶ月くらいやったのですが、もともと、肌質はいいので、シミに効くわけがなくて、効果が実感できません。それで、思い切って、シミを、レーザーで焼いてもらうことにしました。最初顔なので、レーザーとはいえもし、何かあったらどうしようと思いましたが、背に腹は変えられなくなっていたのです。それで、レーザーの照射をして、絆創膏を、2週間貼り続けて、決して、紫外線に、幹部を当てては駄目ですよと言われました。そのとき、別の医療の皮膚科に勤めていた私は、顔に絆創膏を貼って、それをどう言い訳しようか悩みました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
(c)Copyright 2015 若くなるアンチエイジング方法調査! All Rights Reserved.